副学長強すぎw 吉田沙保里選手が至学館大副学長に就任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

校則違反に高速タックル!リオデジャネイロオリンピックで銀メダルを獲得したレスリング女子の吉田沙保里選手が母校の至学館大学の副学長に就任しました。

スポンサーリンク


34歳の吉田選手は愛知県大府市にある母校の至学館大学からの要請を受けて、副学長に就任し、レスリング部の栄和人監督とともに記者会見に臨みました。

吉田選手は「学生たちにいろいろなことを伝えるチャンスだと思いました。自分のやってきたことや最後まで諦めずに取り組む大切さを伝えていきたい」と要請を受けた理由と今後の抱負を話しました。

そのうえで「東京オリンピックに出たいという気持ちはまだあるし、後輩たちの指導をしながら一緒に頑張っていきたい」と話し、選手として東京大会を目指す意向を改めて示しました。

また、13連覇中で、来年8月に行われる世界選手権については「まだ考えていません。今後、練習をしながらどういう状況になっていくか、近づいてきたら決めたいなと思います」と話していました。

これに対し日本レスリング協会の強化本部長も務める栄監督は「これからコーチとして選手を指導してもらいながら彼女の選手としての強さも見ていきたい」と話していました。

一方で吉田選手の副学長就任については「自分の教え子が私をこえて副学長になることには複雑な思いがある。これからなんと呼んでいいのか戸惑っている」と話し笑いを誘っていました。

吉田選手は副学長として大学の広報や学生の支援を担当していくということです。

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す