尾崎豊伝説!尾崎の名曲・名言・死因そして、息子の今まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当記事では、1980年代から1990年代まで10代の若者を中心にカリスマ的人気を誇った「尾崎豊」の1992年4月25日に26歳でこの世を去るまでの数々の伝説や、名曲・名言。謎に包まれた死因。そして、息子尾崎裕哉(おざき ひろや)の現在等を”当時の動画や、写真”を交えてご紹介します。
・送料無料■尾崎豊 CD【ALL TIME BEST】13/11/27発売
・送料無料■尾崎豊 Blu-spec CD2【回帰線】13/9/11発売
・送料無料■尾崎豊 CD【13/71-THE BEST SELECTION】04/4/21発売

生誕からデビューまで

  • 尾崎は1965年11月29日に東京都練馬区で、防衛庁職員の父と保険の外交員の母の間に生まれる。
  • 小学生時代には転校生であるということが原因で、いじめを受け一時不登校にまでなったが、ギターを覚えそれがキッカケでいじめはなくなった。
  • 中学生時代には生徒会の副会長を務めるも、喫煙により人生で一回目の停学処分になる。しかし、勉強が得意であった尾崎は名門青山学院高等部に合格する。
  • 高校生時代には喫煙、更にはバイク事故などを起こし人生で二度目の停学処分を受ける。更に高校3年の時には、飲酒した挙句に大学生と大乱闘騒ぎを起こし人生三度目の停学処分(無期停学)となってしまう。
    しかし、結果としてこの無期停学がオーディションを受けるキッカケとなった。
    無事に無期停学が解けたが、出席日数が足らず留年が決定した尾崎は青山学院高等部を自主退学。学生生活に終わりを告げる。
  • その後「ダンスホール」「もうおまえしか見えない」「町の風景」「Streer Blues」の4曲の入ったカセットテープをCBSソニーへ送り、CBSソニーのオーディション『CBS SONY Sound Development Audition 1982』にて「ダンスホール」と「もうおまえしか見えない」を歌いオーディションに合格した。
    この当時から尾崎は”ずば抜けた歌唱力”と”独自の世界観”をもっていたといい、既にカリスマの片鱗をのぞかせていたようだ。
    ※ちなみに「Streer Blues」は最近TVCMでも使用されていた「十七歳の地図」の原曲である。

オーディションで歌った「ダンスホール」「もうおまえしかみえない」


「町の風景」「Streer Blues」デモ音源

■バンドスコア 尾崎豊 ベストスコア【ポイント5倍】【送料無料】

プロデビュー(1983)から無期限の活動停止(1986)

 

  • 1983年12月1日アルバム「十七歳の地図」、シングル「15の夜」でプロデビュー。この一ヶ月後に青山学院高校を自主退学している。また3月15日、青山学院高等部の卒業式の当日新宿ルイードにてデビュー後、初ライブを行う。
    新宿ルイードライヴ
  • 同年の8月4日、日比谷野外音楽堂でのライブイベント『アトミック・カフェ』出演中7メートルの高さの照明台から飛び降り、左足を骨折。その後もライブは続けられ、ステージに這いつくばりながらセットリストすべての曲を歌い切ったが、以降のスケジュールが全てキャンセルとなる。
  • ファーストアルバムの「十七歳の地図」の歌詞は尾崎が表現したいことを、多くの人に伝えられるように何度も書き直された。またレコーディング時にも”尾崎が持つ熱”を表現しようと何度もリテイクが繰り返された。そんな「十七歳の地図」は発売時こそ売上が振るわなかったものの、音楽の評論家からは大絶賛を受け、音楽雑誌では特集が組まれることもあった。その後瞬く間に口コミが広がり、1985年 2ndアルバム『回帰線』は大手音楽チャート1位を記録し、尾崎の名は一気に全国区となった。
  • またこのころ発売された3rdシングル「卒業」の中の”過激な歌詞”が話題となり、影響を受けたファンが学校の校舎の窓ガラスを割るという事件が頻発した。尾崎のカリスマ性は人々や社会に影響を及ぼすまでとなっていた。
  • その後はNYへ渡米し、一ヶ月間の休暇を取り帰国後、初の単独野外スタジアムライブとなった大阪球場での公演で、2万6000人。代々木オリンピックプール第一体育館では、2日間で3万人を動員する。この時、尾崎はまだ19歳。そして20歳になる誕生日前日に10代最後で3枚目のオリジナル・アルバム『壊れた扉から』をリリースする。
  • 1986年元旦に、福岡国際センターにてライブを行い、その後無期限活動停止を発表

「十七歳の地図」

「卒業」

■送料無料■通常盤※ポスタープレゼント[希望者] 尾崎豊 CD【I LOVE YOU〜BALLADE BEST〜】11/4/6発売

活動停止(1986)から完全復活(1987)

ILOVEYOU

  • 1987年CBSソニーから当時HOUND DOGも所属していたMOTHER&CHILDRENに移籍し、同年の7月に1年と7ヶ月ぶりのライブツアーがスタートする。8月29日・30日には有明コロシアムで公演し2日間で約2万人を動員し復活したかに思われたが。9月28日、公演会場でライブ前に倒れ、帰国後初のライブツアーが中止になる。更に同年12月22日、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕。翌年1987年に起訴され、1月22、25、26日に予定されており尾崎の夢であった、初の「日本武道館公演」が幻に終わる。
    同じく日本武道館での公演がプログラムされた「放熱への証」ツアーも尾崎の急死によって中止に終わり、結局この夢は叶うことはなかった。
  • 2月22日、懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の判決が下され、東京拘置所から釈放。その際裁判官は尾崎に対して「人気歌手として社会に与えた影響は大きい。仕事上のスランプは理解できないわけではないが、法律が厳禁している覚せい剤の使用は決して許されるべきではない。両親が歌手生命が絶たれても警察に通報して救おうとした熱意などもあり、もう一度更生の機会を与える。一日も早く立ち直るように」と話した。尾崎は判決が下されるまで実刑を信じていたといわれている。

    釈放直後の尾崎

    1988年2月22日釈放された尾崎 ファンによる「存在」の合唱に出迎えられる

  • その三ヵ月後、5月12日に尾崎繁美と入籍する。
  • 6月22日、フジテレビ系音楽番組「夜のヒットスタジオ」に最初で最後のテレビ出演。同月21日に発売された新曲「太陽の破片」を歌う。
  • 9月1日、度重なる発売延期を乗り越え、4枚目のオリジナル・アルバム『街路樹』を発売。
  • 9月12日、東京ドームで一夜限りの復活ライブ「LIVE CORE」が行われ、5万6000人を動員する。
  • 1989年7月24日、長男の「尾崎裕哉」が誕生

    尾崎裕哉

    尾崎裕哉(おざき ひろや)

  • 1990年には浜田省吾の在籍するROAD & SKYに移籍した後、同年CBSソニーに再び移籍。11月15日に5枚目のアルバム「誕生」を発売。その後、個人事務所ISOTOPE(アイソトープ)設立。
  • 1991年には有名女優の斉藤由貴との不倫が発覚。この年の3月21日、歴史に残る名曲 シングル「I LOVE YOU」を発売。JR東海のCM曲に使用され話題となった。この年3年ぶりのライブツアーが横浜アリーナでスタートした。10月30日、代々木オリンピックプールにてライブを行う。これが尾崎の生涯最後のライブとなった。生前最後に歌った曲はオーディションでも歌われた「ダンスホール」。

尾崎裕哉「I LOVE YOU」

尾崎豊「I LOVE YOU」


【書籍、楽譜 / ピアノスコア】尾崎 豊/MEMORIAL SONGS【ドレミ】 【ゆうパケット対応】

完全復活から没後現在まで

  • 1992年4月25日早朝、東京都足立区千住河原町の民家の庭にて全裸泥酔状態で発見され、警察に通報される。救急車で墨田区の病院に運ばれ診察を受け、妻と兄と共に自宅マンションに帰宅する。その 後、夫人、兄、マネージャーが見守る中、自宅マンションで暴れたり眠ったりを繰りかえしながら、突如危篤状態となり、救急車で日本医科大学の緊急病棟に収容される。蘇生措置がされるが午後0時6分死亡。26歳没。
  • 4月30日、東京都文京区の護国寺で行われた追悼式には3万7500人ものファンが詰め掛けた。
  • 5月10日、死の直前に完成させた6枚目のアルバム『放熱への証』が遺作としてリリースされる。
  • 尾崎の死因は医学的に言えば「肺水腫」だった。肺に水がたまる病気で、その原因としては覚醒剤の疑いがある報道された。裁判の際も多量の覚醒剤反応があったとは証拠として認められている。しかし尾崎の遺体には暴行を受けたような傷やあざもあり、亡くなった日の状況がきわめて不自然であることから、他殺とする説もある。警察は、状況捜査や司法解剖を行った結果から「事件性なし」として調査を終結している。
    尾崎が亡くなった2年後に、10万人近くの尾崎ファンの署名を集めた再捜査嘆願書が警察に提出されたが、受理されなかった。
    また、7年後の1999年には写真週刊誌『フライデー』に蘇生措置を施している様子の写真が掲載。
    当時の捜査員の証言などもあり、その死因の不可解さが深まった。
    だが、検死をした支倉逸人の著書によれば、擦過傷と打撲傷をじっくり調べた結果、他殺をうかがわせるようなものはなかったとの記述がある。
    またそれを裏付ける、転倒したり暴れて転げ回っていたという証言もある。しかし真相については誰も明確に答えておらず、今までに尾崎の生涯を描いた多数の漫画作品やテレビ番組おいても、尾崎が死んだ様子は全く触れられていない。
  • 1994年1月21日、最近映画などでも使用された、シングル「OH MY LITTLE GIRL」がリリース。テレビドラマ『この世の果て』の主題歌に使用され、107万枚を売り上げシングル初にして唯一のミリオンセラーを達成。
  • その後も尾崎の楽曲はCMやドラマ、映画などで幅広く使用され、現在でも多くのファンに愛されている。2002年には少年誌の「週刊少年マガジン」で「尾崎豊物語」が掲載され、2011年には俳優の成宮寛貴が尾崎役を務めた尾崎の半生を描いたドラマ『風の少年〜尾崎豊 永遠の伝説〜』が放映されるなど、その影響力は没後も生き続けている。

    マガジン 尾崎豊物語

    尾崎豊物語が掲載されたマガジン表紙

■送料無料■尾崎豊 CD【WEDNESDAY〜LOVE SONG BEST OF YUTAKA OZAKI】08/4/16発売

尾崎の人物像、交友関係、没後の番組や、エピソード

  • 尾崎豊と言えば、「反逆のカリスマ」「10代の教祖」などと言われ、どうしても不良なイメージや”悪”というイメージがあるが、スターではない”素の尾崎”を知るもの達からはとても明るい好青年として知られている。尾崎と同じCBSソニーに所属していた現在大人気でお昼の顔の俳優・坂上忍は「尾崎は写真や、雑誌などではいつも暗い顔しかみせなかったけどホントに明るくて、僕のほうがよっぽど暗かった」と語っている。他の知人らも「尾崎はステージの上では別の人間になる」「ステージの上では破滅的なパフォーマンスをするが、普段は礼儀正しく大人しい」などと語っている。ちなみに10代の頃の尾崎はそのカリスマ性を保つ為に笑顔の写真は自粛されていた。
  • その他、現在も活躍する芸能人にも友人が多く、アーティストでは坂本龍一、小田和正、藤井フミヤなど。とんねるずの石橋貴明や、キラーカーンなども当時の尾崎についてコメントを出している。
  • 尾崎の死後にはアルバムが一気に売れ、1992年のオリコンアルバムチャートでは上位10位までに1位『放熱への証』、4位『回帰線』、5位『十七歳の地図』、6位『LAST TEENAGE APPEARANCE』、7位『壊れた扉から』、9位『誕生』と尾崎の6作品が一気にランクインした。
  • 1992年6月16,17日尾崎の夢であった初の日本武道館ライブが予定されていたが、尾崎の死によって中止となった。有名な話ではあるが、この時チケットを払い戻すファンは殆どいなかったそうだ。
尾崎の死によって中止となった 日本武道館ライブチケット

尾崎の死によって中止となった 日本武道館ライブチケット

  • 尾崎は”反社会”なイメージで教育の現場では、長きに渡りタブー視されて来たが、高校倫理の教科書に顔写真や「15の夜」の歌詞が掲載されている。「1980年代に活躍し、夭折したシンガーソングライター」「自ら作詞・作曲した歌の世界に没頭しながら全身全霊をこめて歌い」などと記述されている教科書もある。何十年のときを経て尾崎豊というアーティストは教育の現場にも認められた。

    尾崎について記載のある教科書

    尾崎について記載のある教科書

息子・尾崎裕哉の現在

  • 尾崎裕哉は1989年7月24日に生まれ現在は27歳。 尾崎豊のトリビュート・アルバム『”BLUE” A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』と『THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2005』に”HIRO”という芸名で、須藤晃の息子・Tomi YoとCrouching Boysのメンバーとして参加、「15の夜」を歌っている。その後は慶応義塾大学院を卒業している。
  • 自身の目標として「社会に溢れる人種問題、貧困問題、環境問題などの様々な問題を“音楽”という手段で解決して行きたい」と語っている。
  • 2015年10月10日大阪ミナミのライブハウス「DROP」で自身のオリジナル曲のみでのライブを披露。
  • 本年の2月21日には東京、新宿RUIDO K4で, 初のワンマンライブ「WITH YOU」を開催。チケットはSOLD OUT。また、ゲストには前日にライブで共演した若旦那が登場した。
  • 同年7月30日 – 「FREEDOM AOZORA 2016 淡路島」にライブ出演。自身初となる一万人を越える規模の野外フェスへの参加。オリジナルの楽曲に加えて、尾崎豊の曲「シェリー」を一人きりでアコースティックギター1本で歌い上げ、父親を彷彿とさせると話題になる。
  • その他にも各地でライブ活動を行い自身のオリジナル曲、父親のカバーを披露するなど活躍中。

死してなおも輝き続ける「尾崎豊」のカリスマ性。これだけの影響力のあるシンガソングライターが今後現れることはあるだろうか。

当記事「尾崎豊伝説!尾崎の名曲・名言・死因そして、息子の今まで」は尾崎の遺したことが多く、現在執筆途中。定期更新予定です。2016/8/31更新。

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す