体操男子団体 日本が金メダル獲得!他、金メダリストまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金メダル

やったぜ!日本!リオ・オリンピック、体操の男子団体で日本がアテネ大会以来、3大会ぶりとなる金メダルを獲得!!これで日本は金メダル3銅メダル7個で合計10個目のメダル獲得となった。

体操の男子団体の決勝は予選上位の8チームが出場して6種目で各チーム3人の合計得点で争われた。
日本は1種目目のあん馬で最初に演技したエースの内村航平選手が安定した演技を見せ、さらに3種目目の跳馬で内村選手とオリンピック初出場の19歳、白井健三選手が15点台後半の高い得点をマーク。
4種目目の平行棒では、予選でミスが出た田中佑典選手が本来の美しい演技で15.900の高得点を出すなど演技した3人全員が15点台を出して得点を伸ばした。
日本が得意とする鉄棒でも落下するなどの大きなミスがなく、3人全員が15点台を出して5種目を終えた時点で初めてトップに立ち、最後の種目のゆかを迎えた。
ゆかでは最初に演技を行った白井選手がみずからの名前の付いた「シライ」を決めるなど16.133の高得点をマーク。そして最後に登場した内村選手が ミスのない演技で15.600を出し、日本が合計で274.094の得点で2位のロシア、3位の中国に2点以上の差をつけて金メダルを獲得した。
日本の金メダル獲得はアテネ大会以来、3大会ぶり。日本は予選ではチームでミスが相次ぎ、4位での決勝進出だったが、決勝に向けて課題を修正。実力を発揮し、悲願の金メダルを獲得した。

日本の各種目の得点は以下。
あん馬43.933点
つり輪44.599点
跳馬46.199点
平行棒46.766点
鉄棒45.398点
床運動47.199点

体操の他にも、
競泳 萩野公介選手が男子400m個人メドレー。
柔道 大野将平選手が男子73kg級で金メダルを獲得している。
その他 金メダル候補として有力なのが、霊長類最強の女子レスリングの女王吉田沙保里選手だろう。世界選手権での16回連続優勝に加え、個人戦でもなんと200連勝するほどの実力者。必ず史上初の五輪4連覇と同時に、金メダルを獲得してくれることだろう。
吉田選手の出場する、レスリング女子フリースタイル53kg級
8月18日(木)日本時間22時00分~」の予定。

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す