ラグビー日本代表 強豪ウェールズに惜しくも三点差で敗戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界ランキング11位の日本代表が、欧州遠征第2戦で同6位のウェールズに30-33で惜しくも敗れた。残り9秒のところまで同点の大善戦を演じた。

スポンサーリンク

前半5分、9分にSO田村優が立て続けにペナルティーゴールを決め6点を先行した。しかし、ウェールズが連続トライで逆転。6-14とリードされた同38分にWTB山田章仁がインターセプトからトライ。CTBティモシー・ラファエレのコンバージョンも決まり、1点ビハインドで前半を終えた。

後半、ウェールズがペナルティゴール、トライとコンバージョンでリードを広げたが、15分にWTB福岡堅樹がトライ。

田村がキックを成功させて20-24と追いすがる。点差が7点に広がった同23分に田村がペナルティーゴールを成功させた。

同34分、途中出場のBKアマナキ・ロトアヘアがトライ。田村のコンバージョンも決まりついに同点に追いついた。

しかし残り9秒のところでウェールズがドロップゴールを成功。なりふり構わずに勝ち越し点を奪い試合を決めた。

共同主将のCTB立川理道は「勝負所でミスが重なってしまった。W杯のような雰囲気の中で、すごくいい経験が出来た」と振り返った。

日本は12日の欧州遠征第1戦でジョージアに28-22で競り勝ち、ジョセフHC就任2戦目で初勝利。これでこの遠征1勝1敗となった。26日にはフィジーと対戦する。

日本代表先発メンバー

1|仲谷 聖史
2|堀江 翔太
3|畠山 健介
4|梶川 喬介
5|アニセ サムエラ
6|マルジーン イラウア
7|布巻 峻介
8|アマナキ マフィ
9|田中 史朗
10|田村 優
11|福岡 堅樹
12|立川 理道(c)
13|ティモシー ラファエレ
14|山田 章仁
15|松島 幸太朗

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す