やっぱり強い!フェデラーが7年振りの決勝へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テニスの全豪オープンは26日、男子シングルス準決勝が行われ、第17シードのR・フェデラーが第4シードのS・ワウリンカを7-5, 6-3, 1-6, 4-6, 6-3のフルセットで下して決勝進出を果たし、2010年以来7年ぶり5度目の優勝に王手をかけた。

スポンサーリンク


うまくなるテニス [ 柏井正樹 ]
第1セット、序盤からサービスキープが続く展開から、第12ゲームでフェデラーがワウリンカからミスを誘い出してブレークに成功し、このセットを先取。

続く第2セット、第6ゲームでワウリンカのサービスゲームを破り、リードを守って決勝進出に王手をかける。

自身のミスが重なり第3・4セットを落としたフェデラーだったが、続くファイナルセットでは第6ゲームでブレークに成功して勝利した。

決勝では、第9シードのR・ナダルと第15シードのG・ディミトロフの勝者と対戦する。

フェデラーが四大大会で決勝に進出するのは、2015年の全米オープン以来。これまでの四大大会では歴代最多17勝をあげている。
ロジャー・フェデラー伝 [ クリス・バウワース ]
今大会は、4回戦で第5シードの錦織圭にフルセットで勝利。準々決勝では第1シードのA・マレーら破る快進撃を見せた世界ランク50位のM・ズベレフをストレートで退けた。

全豪オープンで決勝に進出するのは、今回が6度目。昨年は準決勝でN・ジョコビッチに敗れた。

一方、準々決勝で第12シードのJW・ツォンガをストレートで下して勝ち上がってきたワウリンカは、初優勝を果たした2014年以来の決勝進出とはならなかった。
ロジャー・フェデラー [ マーク ホジキンソン ]

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す