こうかはばつぐんだ!レアポケモンの出現で観光客をGET?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポケモンGOレアポケモン出現率UPで観光客をゲットだぜ!被災4県(岩手、宮城、熊本、福島)が振興計画を発表。ポケストップやレアポケモンを増やし、観光客を増やす狙い。

ポケモンGOを運営するナイアンティックと岩手県、宮城県、福島県、熊本県が10日、ポケモンGOを観光振興に活用すると発表した。立ち寄るとアイテムがもらえる「ポケストップ」を増やしたり、他では手に入りにくいポケモンを出現させたりして県外から観光客を呼び込むという。

今回のコラボは、被災県側からナイアンティックに働きかけて実現したもの。ナイアンティックは「ポケモンGO」の前身にあたる位置情報ゲーム”Ingress”でも復興支援や観光促進に取り組んでおり、今回も「何かしら貢献できることがあるのではないか」と、コラボを決定。


具体的な連携内容については、宮城県の村井嘉浩知事が説明。ポケストップ・ポケモンジムの追加以外にも、現時点では周遊促進のためのルートマップの作成、被災地で使えるスクラッチやクーポンなどの提供を検討しているとのこと。「ナイアンティック社はこれまでにも、”Ingress”でイベントを通じて被災地に人を呼び込んでくれた。これを継続しながら、より大衆性のある”ポケモンGO”を活用し、訪れた人も地元の人も笑顔になる取り組みを考えていきたい」と語った。

質疑応答でもレアポケモンの出現率を上げることを示唆しており実現すれば、観光客誘致には”こうかはばつぐんだ!”となるだろう。しかしポケモンGO運営は「アイデアとして否定するつもりはなく、ゲームバランスを考えつつ協議していく」としており、実現するかはまだわからない。
社会現象をおこし続けている”ポケモンGO”少し勢いは落ちているように感じたが、まだまだブームは続きそうだ。

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す