ポセイドンジャパン 歴史的金星ならず!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

imageリオデジャネイロオリンピック 大会第2日の6日、水球男子の予選リーグ 「ポセイドンジャパン」の愛称で知られる日本は、グループAで、世界選手権3位のギリシャと対戦し7-8で敗れた。32年ぶりに挑む五輪出場の初戦で、大金星をあと一歩で逃した。

日本は前半、3ー4でギリシャにリードを許して折り返したが、後半4点を立て続けに入れて逆転した。日本は、再三GKの棚村が好セーブしたものの、第4ピリオドに入り退水が続きギリシャに逆転を許した。

ホントに惜しい試合だった、勝てると思っていた人も多いはずだ。

あなたへのオススメ

その他には、競泳は女子400メートル個人メドレー予選に、清水咲子(ミキハウス)が出場。日本新記録の4分34秒66の7位で決勝進出を決め、女子100メートルバタフライ予選では、第3組、3レーンで登場した星奈津美選手(ミズノ)が自己ベストを更新する58秒15で2位。全体は15位タイで、準決勝に進出した。

更には、柔道女子48キロ級で近藤亜美が銅メダルを獲得し、日本代表選手のメダル第1号となった。

始まったばかりのリオ・オリンピック。これからも日本人の活躍に注目したい!

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す