旧バージョンのLINEをAndroidにインストールし、別アカウントでログインする方法 2018年8月最新版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、LINEのサブアカウントを利用するために古いAndroid端末を利用しようとしたところ、
お使いの端末はこのバージョンに対応していません。」などとエラーが出て、
最新のLINEがインストールできない方の為に、旧バージョンのLINEをインストールする方法をご紹介しています。
2018年8月27日に更新。

スポンサーリンク

Android端末を出荷状態にリセット

昨年頃までは設定アプリからLINEアプリのデータを削除することで、
別のLINEアカウントでログインすることができていたのですが、
最近になってLINEアプリのデータを削除しても、
別アカウントでログインすることができなくなってしまいました。

色々試してみたのですが、
結局設定→ストレージ→「工場出荷時の状態に戻す」を選択するしか、
方法がないことに気づきましたので、まずはAndroid端末を上記方法で完全にリセットします。

Facebookアプリを更新(インストール)

次にLINEのサブアカウントを作るために必要なFacebookアプリを、
プリインストールの場合は更新、
そうでない場合には新たにダウンロードします。

※プリインストールの場合、
最新のFacebookアプリに更新しておかないと、
連携がうまくいかず、LINEログインが上手くできませんでの注意です。

Facebookアカウントを新規作成

Facebookアプリから新しいFacebookアカウントを作成します。

この時、サブアカウント専用の新しいGMailで作成するのがスムーズです。

Facebookにログイン

新しいFacebookアカウントでFacebookアプリにログインして、
Facebookの設定は完了です。

旧バージョンのLINEをインストール

ここからはいよいよ旧バージョンのLINEをインストールしていきます。

旧バージョンLINEのインストール方法

旧バージョンのLINEをインストールするために、
まず最初にAndroidの端末設定をします。

設定と言っても、
「設定アプリ→セキュリティ→不明な提供元にチェックをいれる」だけです。

その後、【apkファイル】と言う形で旧バージョンのLINEをインストールしますので、
それをスムーズに行うため、【ファイルマネージャーアプリ】をダウンロードします。

ファイルマネージャーアプリをインストール

続けて【LINEの旧バージョンAPKファイル】をダウンロード。
この時インストールするバージョンは新しすぎても、古すぎてもダメなようです。

新しすぎると「お使いの端末はこのバージョンに対応していません。」
古すぎるとなぜか「インターネット接続を確認して下さい」と出て使えません。

私の場合、Android[4.0.4]で[V7.0.1]で起動確認できました。

LINEの旧バージョンAPKファイル

LINE[APKファイル]をファイルマネージャーからインストール

  1. ファイルマネージャーアプリを開いて上画像①のところをタップ。
  2. 画像②のパッケージインストーラをタップ。
  3. 後はいつもアプリをダウンロードする時と同じ画面です。

LINEを起動

  1. 苦労してダウンロードした旧バージョンのLINEを開きます。
  2. 新規登録を押して、Facebookで登録を押します。
  3. Facebookで登録をクリックすると最初に作ったFacebookでLINE認証ができます。
  4. GMAILに届いたコードをLINEに入力して完了です。

これで旧バージョンのLINEでサブアカウントが使用できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す