7月10日は納豆の日!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねばーる君

ねばーる君

7月10日は納豆の日。

納豆の日は、「なっ(7)とう(10)」の語呂合わせから、関西納豆工業共同組合が関西における納豆の消費拡大のため、昭和56年(1981年) に関西地域限定の記念日として定められた。その後、全国納豆共同組合連合会が平成4年(1992年)に改めて7月10日を「納豆の日」と決めたことで全国的な記念日になった。

近畿地方では、納豆を食べる習慣はあまりないと言われているが、実際はどうなのだろうか。

地方別の納豆の消費に関して統計調査の結果は以下。

総務省統計局の家計調査結果によると、1世帯当たりの納豆の支出金額(平成26年)は、東北地方が4,936円と最も高い、次いで関東地方が 4,011円と続く。一方、沖縄地方は2,196円と全国で最も低く、次いで四国地方が2,300円、納豆の日が考案された近畿地方は2,406円と 三番目に低くなっている

また納豆が特産の水戸市では、消費の拡大を図ろうと納豆をPRする催しが開かれている。

毎年、水戸市で開かれている「納豆早食い世界大会」を体験できるブースも設けられ、参加者たちは丼に入った納豆をかき込んだ。
総務省の家計調査によると、水戸市の去年1年間の1世帯当たりの納豆の購入額は5227円で、おととしを197円下回り、全国2位から5位に順位を落としています。

ちなみに去年1年間の1世帯当たりの納豆の購入額の一位は6153円で二年連続首位となる福島市だった。

茨城県納豆商工業協同組合の高野正巳理事長は、「若い人を中心に納豆の魅力をPRして、購入額1位を奪還できるようにしたい」と話していました。

 

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す