無限の住人は初登場6位!木村拓哉神話はもう過去の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木村拓哉が主演を務める映画『無限の住人』が、4月29日に公開初日を迎えた。5月2日に興行通信社が発表した週末観客動員数ランキング(4月29日~4月30日)では、1位がディズニー映画『美女と野獣』。

スポンサーリンク


新装版 無限の住人(1)

2位は『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』(15日公開)で、『無限の住人』は6位。

同日公開で、菅田将暉、野村周平ら若手俳優が出演する映画『帝一の國』にも敗北した。

『無限の住人』は、謎の老婆に血仙蟲(けっせんちゅう)と呼ばれる虫を埋め込まれ、不老不死の身となった男・万次が、50年前に殺された妹・町とそっくりの少女・凜(杉咲花)の用心棒を引き受けるというストーリー。

木村や杉咲のほかには、福士蒼汰、戸田恵梨香、市原隼人、市川海老蔵ら豪華キャストが脇を固めている。

『十三人の刺客』などでメガホンをとった三池崇史が監督を務めており、「“ぶった斬り”エンタテインメント」というキャッチコピーの通り、劇中には「1対300人」の立ち回りも登場。過激な描写があることから、PG-12指定の作品となっている。

「原作は1993年から12年に『月刊アフタヌーン』(講談社)にて連載されていた沙村広明氏による同名の人気漫画です。

当初、実写化が発表された際は、原作ファンから不安の声も出ていたため、公開後も『キムタク版万次と言えば聞こえは良いが……あれは万次さんじゃなかった。

原作の万次さんカッコ良くないし』『原作をぶつ切りした感が……もう少し流れのあるストーリーにしてほしかった。多勢戦は長いだけで飽きる』『中身がない映画でキャストの無駄遣い』といった否定的な声も出ています。原作ファンの中には、映画版の脚本や演出面などに対して『惜しい』という不満があるようですね」
劇場版 名探偵コナン 主題歌集 ~“20” All Songs~ (初回限定盤 2CD) [ (アニメーション) ]
一方で、好意的な感想も上がっており、「思いのほか良かった。キムタクではなく、ちゃんと万次さんに見えた」「原作ファンとしてキムタクには感謝するレベル」「万次さん、最高にかっこよかった。

『学芸会レベル』と書かれている方もいますが、本当に見たのかな?」「どの役をやってもキムタク感が拭えなかったけど、キムタクの新境地を見た」と、絶賛に近い声もある。
美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック – デラックス・エディションー
ところが、週末の動員成績は

1位が『美女と野獣』

2位は『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』

3位は『無限の住人』と『ワイルド・スピード ICE BREAK』

4位が『帝一の國』という結果でした。

『無限の住人』は『映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』(15日公開)にも負け、6位。

この結果を見た映画ファンからは、『最終的な興行収入は10億から12億になりそう』『10億いかなかったらヤバすぎ』と、呆れられています」

そんな同作は、5月17日に開幕する『第70回カンヌ国際映画祭』で特別招待作品として公式上映が決定しているほか、北米、オーストラリア、ドイツでも公開が予定されている。

ネット上では「結構面白かったけど、ゴールデンウィークに家族連れで入れる映画じゃないし、苦戦すると思う」と予想する声もある中で、今後どれだけ動員を伸ばせるだろうか。
ワイルド ・ スピード アイスブレイク [ (オリジナル・サウンドトラック) ]

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す