渡辺麻友がラストとなるセンター曲を初披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB48が8日、千葉・幕張メッセ国際展示場で行われた『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート』で通算50枚目のシングル「11月のアンクレット」を初披露した。


スポンサーリンク


渡辺麻友写真集『知らないうちに』 (講談社 MOOK) [ 渡辺 麻友 ]
年内に卒業する渡辺麻友にとってはラストシングルであり、最後のセンター曲。マイクを置いて客席に背を向ける演出もあり「ところどころ間違えちゃった。緊張で動揺した」と胸中を明かした。

渡辺にとっては12作ぶり6回目、単独では4回目のセンター曲。コンサートのアンコールで「来月、11月22日に発売になります、記念すべき50枚目のシングルで、私のラストシングルになっています。それでは初披露です。聴いてください。『11月のアンクレット』」と、自ら曲フリした。

総選挙を辞退したためコンサートには参加していなかった柏木由紀や山本彩ら新曲の選抜メンバーも加わっての初披露。歌い終えてマイクを置き、客席に背を向けたまゆゆは、再びマイクを拾い上げると「うわっ、緊張した!」。

横山由依は「なんか悲しいですね」としんみりし、指原も「くるくる回るところが悲しかった」と卒業を実感した様子だった。

渡辺は「緊張しました。表題でセンターをするのは3年ぶりくらいなんで、ところどころ間違えちゃった。

緊張で動揺して。でも、最後の曲でステージ上にマイクを置いたりとか、最後っぽい振り付けも入っていますが、気に入ってもらえたらいいな」とファンに呼びかけていた。

同曲の選抜メンバーは渡辺のほか、AKB48の入山杏奈、岡田奈々、岡部麟、小栗有以、柏木由紀、加藤玲奈、小嶋真子、高橋朱里、峯岸みなみ、向井地美音、横山由依、SKE48の小畑優奈、須田亜香里、松井珠理奈、NMB48の白間美瑠、山本彩加、山本彩、吉田朱里、HKT48の兒玉遥、指原莉乃、田中美久、松岡はな、宮脇咲良、NGT48の荻野由佳、北原里英、中井りか、STU48の瀧野由美子の計28人。

総選挙を辞退したため本公演に出演しなかった入山に代わって、この日は込山榛香が入った。

幕張メッセ国際展示場4-5ホールでは、6月に沖縄で開票イベントが行われた『第9回AKB48選抜総選挙』でランクインした17~80位のメンバーが午前11時~、1位~16位のメンバーが午後3時~コンサートを実施。

ランク外だったメンバーも午後3時から隣の3ホールで『AKB48グループ感謝祭~ランク外コンサート』を同時開催した。
渡辺麻友写真集『まゆゆ』 [ 渡辺達生 ]

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す