マーリンズのエース ホセ・フェルナンデス ボート事故で急死

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_2069イチロー外野手が所属するマーリンズは25日、エース右腕ホセ・フェルナンデス投手(24)がボート事故で死亡したと発表した。マイアミで3人が死亡するボート事故が起き、この中に含まれると見られている。

スポンサーリンク

フェルナンデスは今季リーグ5位の16勝(8敗)、防御率2・86と活躍していた。マーリンズは同日のブレーブス戦開催中止を発表した。この試合ではイチローのMLB3000安打達成を祝うセレモニーが予定されていた。

球団は声明を発表。米スポーツ専門テレビ局ESPNによると、地元警察は午前3時に船舶事故の通報を受けたという。マイアミビーチの岩礁に衝突した30フィート(約9メートル)のボートを発見。3名が死亡していたという。現在も警察当局は生存者を捜索している。

24歳の若さでこの世を去ったフェルナンデスはキューバ出身の若きエース。2013年のナ・リーグ新人王。今季は29試合に先発し、16勝8敗で防御率2.86とリーグを代表する右腕だった。同僚のイチロー外野手を敬愛し、「キューバでは神様」と心酔していた。チームにとっても大きな悲劇となった。

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す