「ちょ、待てよ!」木村拓哉の妻工藤静香がインスタで暴走。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元スマップの木村拓哉の妻・工藤静香の暴走が止まらない。木村拓哉は一連のSMAP独立騒動で、一時はメンバーとともに独立を目指したが、工藤静香の一声で残留へ心変わり。仲間や育ての母とされるマネージャーと袂を分かつこととなってしまったのは周知の通りだ。


スポンサーリンク


Shizuka Kudo 20th Anniversary the Best [ 工藤静香 ]
そんな猛妻ぶりを世間に認識させた工藤だが、気の強さは変わっていない。メディアの報道に厳しく目を通し、不満があるとインスタグラムで反論する好戦っぷりが目立つ。2月8日発売の『週刊女性』は、木村が荒ぶる工藤に対して、
「ちょ、待てよ」
「最近、インスタどうなの」
と“ブレーキ”をかけていることを関係者のコメントとして伝えている。

「木村は昨年の騒動で一気に評価を落としました。その黒幕が工藤だと報じられてきたため、工藤の発言内容にも敏感になるのも当然ですが、『週刊女性』の『ちょ、待てよ』には笑いました」

工藤といえば、昨年12月に開いたディナーショーについて、『週刊文春』が「全身黒ずくめで喪服のようだった」、「SMAPの追悼」などと報じたことについても反論。
「捉え方や想像力にはビックリしましたね」
とメルマガでチクリ。

スポンサーリンク


工藤静香ベスト [ 工藤静香 ]
また、今年から始めたインスタグラムが炎上していると『文春』が報じたことについても、
「人を中傷する様なコメントや悪口なんてありません」
と逐一反論している。
「工藤はインスタの反論で、『料理教室みたいなインスタで炎上?』と、あたかも自身が料理講師であるかのような文面も掲載。自信と自己愛の強さがにじみでていますね。こういうところが炎上を呼ぶわけですが」
Clip! Smap! コンプリートシングルス【Blu-ray】(SMAPOなし) [ SMAP ]

■キレやすい割に結構マメ?

昨年来の騒動で際立ったのは、黒幕イメージを自ら補強するような工藤の猛々しい言動。昨夏のSMAP解散発表直後、例外的に受けた写真週刊誌『フライデー』の取材では、苛立ちを隠さずに語っている。
「どうして私たちが裏切り者呼ばわりされなきゃならないの」
「お金が目的なら出るべきです」
こうした言葉は、残念ながら世間の理解を得るには遠かった。

「木村以外の4人を批判するような言葉が、ファンからの批判を招き、木村をより窮地に立たせることにつながった。工藤は短気なのに記事にはしっかりと目を通すマメな部分があり、今後も同様の騒動を起こしかねません」
SMAPが解散し、一本独鈷での再スタートを切った木村。ただ、真の意味での独り立ちは“妻離れ”を遂げた時なのかもしれない。
SMAP 25 YEARS (通常仕様:SMAPOなし) [ SMAP ]

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す