県警捜査始まる 慶応生 10代の女子学生に集団乱暴の疑い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_2112

慶応義塾大学の学生団体「広告学研究会」で、男子学生数人から乱暴を受けたとして、10代の女子学生が警察に相談し、警察が捜査を始めていることがわかった。


スポンサーリンク

女子学生への暴行があったとされるのは、神奈川・葉山町で、9月上旬に行われた慶応大学の「広告学研究会」の懇親会。
関係者によると、懇親会の場で、男子学生数人が、10代の女子学生に酒を飲ませて、酩酊(めいてい)状態にしたうえ、暴行するなどしたという。
女子学生は、神奈川県警に相談し、県警がくわしいいきさつを調べ、捜査を始めているという。
付近の住民は「入り口にテープ(規制線)が張られていたと聞いてる。封鎖したのは、警察が来た時。9月上旬」と話した。
「広告学研究会」は、慶応大学の学園祭イベント「ミス慶応コンテスト」を主催する団体で、10月4日、未成年への飲酒の強要や危険な行為があったことを理由に、大学から解散命令を受けていた。

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す