お元子?香取慎吾の慎語が痛すぎる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香取慎吾が10月2日、レギュラーを務める『おじゃMAP!!』の公式Twitterに記念すべき初ツイートを上げて話題となっている。香取のツイートは以下のものだった。


スポンサーリンク


慎語事典 SD SHINGO DICTIONARY VOLUME1 SD No0001 to No0500 [ 香取慎吾 ]
「お元子してますか?パーフェクトビジネスアイドル香取慎吾!おじゃMAP!!公式Twitterにつよぽんとの2時間スペシャルを観て頂くべく、ココに降臨!10月4日水曜夜7時あなたは、フジテレビを観てしまう!!おじゃ慎吾MAP!!!!!」

香取のファンたちは待望の「降臨」に感動しとりあえず大喜びしたが、一般層の受け取り方は違っていたようで、

「は?お元子?何それ?」「お元子が意味不明」「なんかノリが寒すぎて怖い…。」「あまり変な発言しないでほしい。好きだから戸惑ってしまう」

と思わぬ批判が続出したようだ。

「さすがにお元子は、井上順やルー大柴みたいなオヤジ芸能人も、使うのをためらう古いノリ。

一瞬、タイプミスだと信じたかったが、番組公式Twitterだし、やはりスタッフの校正を通過した本人の言葉だと思われます。パーフェクトビジネスアイドルというのも、15年1月の『SMAP×SMAP 新春SP』などで、よく香取が『完璧に仕事としてのアイドルを演じる』という自虐的な意味で自己紹介に使っていたフレーズ。

濃いファンには分かるギャグですが、一般層には全く届いていません。公の場でつよぽんと呼ぶのも、いい大人のすることじゃない」

香取といえば、「ナマカ」(06年『西遊記』)や「オッハー」(08年『サタ☆スマ』)など独特の言語センスで、時代の流行語を作ってきた。

だが、齢四十を過ぎた今そのままのノリでは、やはりイタいものがあると言わざるを得ない。

「香取は、これまでジャニーズの厳しい規制で自由に発言できなかった。それが野放しになり、うっかり「素」のことばが漏れてしまった。ネットに慣れてない香取は”ファンだけが見る”ものと一般層も見るものの区別がまだ付いていないのかもしれません」

今後、新事務所CULEN(カレン)と公式サイト・新しい地図は、SNSや動画サイトを使っていくという。

その上で、香取らの「素」は親近感を生む「財産」であるとともに、幻滅を生じさせる「課題」にもなりえる。

フォロワー数40万を突破した香取慎吾のTwitterアカウントからも当分目が離せない。
幸せになろうよ DVD-BOX [ 香取慎吾 ]

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す