女子レスリング 吉田沙保里4連覇へ好発進 63kg級川井も続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

リオ・オリンピック 現在メダルラッシュが続いている女子レスリングは18日、53キロ、63キロ、75キロの3階級が行われた。

53キロ級では五輪4連覇を目指す吉田沙保里が順当に決勝へ駒を進めた。
初戦の2回戦はシニシン(アゼルバイジャン)に快勝。第1ピリオド(P)は吉田を警戒する相手の反則から1点を先取。第2Pには開始約45秒でシニシンの左足を取って場外へ。1点を追加した。試合時間が残り30秒を切ると、シニシンは逆転を狙って攻勢に転じた。吉田はカウンター気味に相手の下半身に飛びつき、すかさず背後を取って2点を追加。4―0で、危なげなく3回戦に進んだ。初戦とあって、やや慎重な試合ぶりだったが、接戦でも焦ることはなく、常に落ち着いていた。

エンジンがかかった吉田は、3回戦は序盤から早めに攻撃を仕掛けて、主導権を奪った。


サンブ(セネガル)に対し、第1Pの1分。背中に回って2点を取ると、相手を抱え込みながら素早く体を回す連続技が決まり、4点を加えた。第2Pもタックルを決めるなど、着実に加点。9―0で圧倒した。
安定した戦いぶりを見せた女王は準決勝ではアルゲリョ(ベネズエラ)に6―0で快勝。3試合を終えて、1点も取られなかった。

63キロ級の川井梨紗子は初の五輪にもかかわらず、積極的な攻めが目立った。初戦の2回戦で相手の足首にタックルを決めるなど第1Pから先行、3回戦、準決勝も危なげなく突破し、決勝進出を決めた。75キロ級の渡利璃穏は初戦の2回戦で敗れ、敗者復活戦にも回れなかった。

吉田沙保里選手は父栄勝さんを14年3月、くも膜下出血で亡くしている。4連覇を成し遂げ、金メダルを「天国にいる父に見せたい」と今大会に臨んでいる。

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す