一青窈が怖すぎる。まるでリベンジポルノだと話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一青窈が週刊誌で7年間の不倫について告白したことに、衝撃が走っている。

スポンサーリンク


ヒトトウタ [ 一青窈 ]
「このタイミングでわざわざ告白して、いやらしいにもほどがあります。まるで嫌がらせにも見えますから、2人を知る関係者からは“リベンジポルノと大差ない”という声も上がっているんです」

もちろん不倫告白とリベンジポルノではまったく別物であるが、一青の不倫相手が音楽プロデューサーの小林武史だったことは周知の事実。

小林は女優の松下由樹と長く交際した後、当時自らが所属していた「My Little Lover」のakkoと1999年に結婚。2人の子どもをもうけたが、05年ごろに一青と知り合い、07年に不倫交際が発覚した。妻との関係がおかしくなった小林は「My Little Lover」を脱退し、その後に離婚。

晴れて一青と同棲していたため「略奪愛」といわれてきたが、その関係にも昨年、ついに終止符が打たれていた。
ハナミズキ -君と好きな人が 百年続きますようにー [ 一青窈 ]
一青の「7年間の不倫」は、この“周知の事実”にぴったり合致するもので、告白記事では交際当時は小林が既婚者だとは知らなかったこと、家庭があることを知っても不倫を続け、結婚・出産の希望もあったが、それはかなわず別れたとしている。小林とakkoの結婚は大きく報じられていたことでもあり「知らなかった」というのは疑わしくもあるが、いずれにせよ、そんな過去を今さら蒸し返されて迷惑なのは小林だ。

というのも、小林は「My Little Lover」がデビュー20周年を迎えることでシングル曲を書き下ろし、10月下旬に発売する。さらに11月には、デビューアルバム『evergreen』を再プロデュースした形の新作もリリース。長くakkoのソロプロジェクトとなっていたグループに、再結成に近い形で合流したわけだ。

「そんな中で、2人の亀裂の原因になった不倫話を持ち出す一青さんの無神経ぶりにびっくりです。元夫妻が過去の問題を超えてまた仕事をするのは、長い時間、関係者の尽力もあって実現したこと。ムッとしている関係者も多いですよ」

一青は今年4月、ギタリスト・山口周平と妊娠4カ月での“できちゃった婚”を発表。小林と破局が伝えられたのは昨年10月の話で、あまりの展開の早さに世間を驚かせたが、なんの因果か「My Little Lover」の新作が出る同じ11月に出産予定。幸せの渦中で、わざわざ不倫告白をした理由はなんだろうか?

「いかにも彼女がやりそうなこと」と、前出関係者は一青の性格的なものを挙げる。

「とにかく気が強いし、攻撃的なところがある方ですからね。音楽番組に出ても、偉いプロデューサーや大物ミュージシャンにだけ挨拶をして、ほかは一切無視するような人。別れた彼氏が元妻とうまくやっていることに嫉妬して、何か仕返ししてやりたいと思っても不思議じゃない」

一青の強烈なキャラクターは、出演番組のスタッフからも聞かれる。
BESTYO [ 一青窈 ]
「確かに、一介のスタッフたちには目も合わせないところがありますね。局入りするときも、びっくりするぐらい大勢のスタッフをゾロゾロ連れてきて、実際にそんなに必要なくても、人数が少ないだけで機嫌が悪くなるとかで」

一青は父親が台湾人で、同国の5大財閥に数えられる資産家一族の出身。それだけにプライドが高いのは当然かもしれないが、それにしても新婚の妊娠中に、ただでさえ恥である過去の不倫について語るのは常識外の行動で、相手男性への気遣いもない話だ。

小林の元妻akkoは昨年、一般男性と再婚しており、小林との再結成はあくまで仕事上のものだが、そんなことすらも許せない気持ちになってしまうのだろうか。一青は7月にカバーアルバムを発売し、そのCDの帯には「口伝えに子どもに読み聞かせする絵本のようにずっとずっと残しておきたいんです」との言葉を記している。不倫の過去も、消さずに残したかったのだろうか。
蛍 [ 一青窈 ]

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す