本日7月15日はファミコンの日!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1983年に任天堂発売した「ファミリーコンピューター」

1983年に任天堂が発売した「ファミリーコンピューター」

本日7月15日は昭和58年(1983年)に任天堂が”ファミリーコンピューター”を発売した日。
そのことから”ファミコンの日”と定められている。

発売当時の本体価格はメーカー希望小売価格で14,800円とかなり高価であったファミコン。

本体と同時発売された「ドンキーコング」「ポパイ」などは現在でも、有名なキャラクターとなって定着している。
また上記ソフトはアーケード版でも実績のある作品でもあり、雑誌評価でも当時は好評価を得ていたそうだ。
発売当初はバグの発覚による出荷停止があり振るわなかったものの、1年間で300万台以上を販売。
発売から2年が経った1985年には誰もが知る大ヒット作「スーパーマリオブラザーズ」が発売された。

最終的な出荷台数は日本国外版にあたる”NES”(Nintendo Entertainment System)も合わせて、全世界累計で約6,291万台を記録した。内訳は日本国内で約1,935万台、日本国外で約4,356万台となっている。

現在でもファミコンの人気ソフトはWiiや任天堂3DSでバーチャルコンソールでダウンロードし、プレイすることができる。
また、ヤフオクなどではまともに動きそうな当時のままの本体が箱無しでは平均5000円前後で取引されているようだ。

プレミアの付いているファミコンソフトは100万円以上で取引されることもあるようで、いかに当時人気があったかが伺える。

100万円ソフト キンニクマンマッスルタッグマッチ 大会景品プレミア版

100万円のソフト キンニクマンマッスルタッグマッチ 大会景品プレミア版

 

 

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す