完全個室の夜行バス「ドリームスリーパー」大阪~東京間運行へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関東バスは、完全個室型の夜行高速乗合バス「ドリームスリーパー東京大阪号」の予約を12月26日13時から開始することを発表した。

スポンサーリンク

車内は、バス業界初となる全11室扉付きの豪華仕様。シックな黒色の扉と仕切りで個室化され、ホテルのようなプライベート空間での移動が可能。

2017年1月18日から運行を開始し、「東京/池袋駅」~「大阪/なんば・門真車庫」間を運行。上下線ともそれぞれ1日1本運行し、運賃は大人が片道2万円、小児が片道1万5500円。

なお、2月28日までは開業記念割引として、大人1万8000円/小児1万4500円(どちらも片道)の特別運賃で運行。

高速バスの“ドリームスリーパー”自体は以前より中国バスにて広島~横浜間ですでに運行されていて、今回待望の東京~大阪間での利用が可能になった形。

乗車券の購入は窓口やコンビニのほか、発車オ~ライネット、JTB高速バスチケット、日本旅行「バスぷらざ」でのネット予約も可能。受付は、発車日の1か月前の同日午前9時からとなる。

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す