ドムドムバーガーをダイエー子会社が売却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパー大手、ダイエーの完全子会社であるオレンジフードコートが2017年7月、ハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」をホテル事業など手がけるレンブラントホールディングスに売却することが、わかった。

スポンサーリンク


ハンバーガー本
「ドムドムハンバーガー」は、ピーク時には約400店舗を構えていたが、現在は55店舗まで縮小していることで、その成り行きが注目されていた。
「売却ありきの閉店ではなかった」

「ドムドムバーガー」は、国内初のハンバーガーチェーン店。親会社ダイエーの業績悪化に伴って多数の店舗が閉店に追い込まれ、売り上げが減少。特に2017年1月から3月にかけては約10店舗が立て続けに閉店を決定し、インターネットには「撤退するのでは?」との声が広がっていた。

親会社のダイエーよると、現在展開している55店舗のうち36店舗をレンブラントHDに譲渡し、残る店舗はオレンジフードコートが経営するクレープ店「ディッパーダン」に切り替えるなどの方向で、今後の対応を検討する。
ハンバーガーコンテナ アメリカ雑貨 アメリカン雑貨
J‐CASTニュースが2017年5月18日に親会社のダイエー コミュニケーション部に取材したところ、レンブラントHDから買収の話があったのは16年12月ごろ。

「『ドムドムハンバーガー』の売り上げが減少していたのは確かだが、店舗縮小は店舗ごとの状況に応じて以前から行われており、売却ありきの対応ではなかった」と説明。

「ドムドムファン」から寄せられている心配の声に対しては、「根強い支持は本当にありがたい。

運営からは離れるが、これからも引き続き『ドムドム』をご愛顧いただければ」と話した。
特大・手作りハンバーガーセット【パウンダー】びっくりサイズの1ポンドバーガー!≪雑誌掲載商品≫【YDKG-tk】【smtb-tk】

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す