30分間?!女性の足なめた疑い、男を逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都府警生活安全対策課と伏見署は7日、強制わいせつの疑いで、京都市伏見区羽束師志水町、アルバイトの男(56)を逮捕した。「覚えがない」と容疑を否認しているという。

スポンサーリンク

逮捕容疑は、7月23日午前0時ごろ、伏見区の駐車場で、帰宅途中だった同区の20代のアルバイト女性を自身の乗用車の運転席に座らせ、はだしでブレーキを踏ませて約30分間、足の裏をなめるなどした疑い。

府警の説明では、男は「ブレーキの修理を手伝って」と女性に声を掛け、停車したまま作業をさせていた。女性がスマートフォンで被害状況を撮影しており、男が浮上したという。
府警によると、2012年以降、伏見区などで同様の被害相談が6件寄せられているという。

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す