『15』カープ黒田 永久欠番へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ野球、広島は、日米通算203勝をあげ日本シリーズを最後に現役を引退した黒田博樹投手の背番号15を永久欠番にすることを決めました。

スポンサーリンク


黒田投手は平成9年にドラフト2位で広島に入団し、エースとして活躍するなど11年間プレーしたあと、大リーグに移籍し、79勝をあげました。そして2年前には年俸が大幅に減るのもいとわず、復帰を望んでいたファンの期待に応えて古巣に復帰しました。そしてことし、史上2人目となる日米通算200勝を達成し、チームの25年ぶりのリーグ優勝にも貢献しました。

球団ではその功績をたたえるため、黒田投手の背番号15を永久欠番にすることを決めたということです。球団幹部は永久欠番にする理由について「金銭以外の価値観を示して復帰したことで、地域に大きな影響を与えてくれた」と話しています。

広島ではこれまでに1970年代から80年代にかけての黄金期を支えた山本浩二さんの8番と、衣笠祥雄さんの3番の2人の背番号が永久欠番となっていて、黒田投手で3人目となります。

スポンサーリンク

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す